だざいふ遊園地(太宰府市)

レトロ感じる古き良き遊園地へ

夏休み前の平日のとある日、2歳になる娘の誕生日記念に「だざいふ遊園地」へ行ってきました。
太宰府天満宮の駐車場に車をとめ、参道を歩いていくと、境内に遊園地が見えてきます。
だざいふ遊園地は1957年から開園している古き歴史ある遊園地です。
入口からレトロな雰囲気を醸し出し、大物感満載です。

ゲートで入場券(大人500円、3歳~小学生とシニア400円)を支払い、いざ入場!
平日の午前中ということもあり、ほぼ貸し切り状態でした。
故障中の乗り物もありましたが、ほとんど運行していました。

乗り物のメンテナンスをしているスタッフの方がちらほらおり、どれに乗ろうか迷っていると手まねきしてくれて、気さくに話しかけてくれます。

まずは、高いところへ行ける乗り物に乗ってみようということで、「スカイシップ」(2歳から1人400円)という乗り物へ。

エンジンがかかるとゆっくりと進みます。上り下りなく同じ高さを走り、スピードも遅めなので、小さな子供でも安心して乗れそうでした。

乗り物に乗るためには乗り物チケットが必要です。単券、回数券、フリーパスの購入で乗車できます。
回数券は1000円で1100円分使えるので、今回乗ったスカイシップでは家族3人乗車で、回数券と単券を組み合わせ購入し、100円分得しました。

乗り物の相場は1回300~400円なので乗り物を5回以上乗りたい方はフリーパスがお得かもしれません。また、親子でフリーパスを購入することでさらにお得になります。

バッテリーカーはフリーパス対象外ですが、2人で乗っても1回現金200円で乗ることができます。
炎天下により座面が熱くなっていましたが、スタッフの方がすぐに気付いてタオルを貸してくれたため、熱さに耐えることなく楽しむことができました。

帰りの電車で広告が出されているのに気が付きました。

広告には園内マップが描かれており、あれ?実はこんなにアトラクションあったのか!と驚きました。
今回は回数券を利用したため、家族3人で乗り物に乗るのに1200円かかりましたが、これだけアトラクションがあれば子供が大きくなったときにはフリーパス購入もありかも?と思いました。

乗り物は0歳から乗れるものが7つくらいあり、遊園地デビューにはぴったりでした。ジェットコースターやバイキングなどスリル系の乗り物ももちろんあるので、老若男女にやさしい遊園地でした。
2018年現在、園内リニューアル進行中だそうですよ!

(訪問日:平成30年7月)

だざいふ遊園地
〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7-8

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-5-7

    「博多んぽん酢」で料理を作ってみた

    実は30年を超えるロングセラー 「博多んぽん酢」ってご存知でしょうか。 商品名どおり、博多で生ま…
  2. 2018-4-21

    宮地嶽神社の参道

    全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮。 日本一大きいと称される注連縄と、神社から伸びた参道の延長線上に…
  3. 2018-4-17

    大地のうどん筑紫野店

    北九州の「津田屋官兵衛」を発祥とする「豊前裏打会」の加盟店 「大地のうどん」が筑紫野にもやって…
ページ上部へ戻る