石堂口の閻魔様とガチャおみくじ(福岡市博多区)

閻魔様のガチャおみくじを引いてみた

博多区石堂橋の近くにある、海元寺をお参りしました。
閻魔(えんま)様が祀られていて、閻魔様の像の前には三途の川で死者の衣を剥ぐという奪衣婆(だつえば)の像もあります。

閻魔様とはご存知の通り、人間の生前の罪を裁く神様。
罪を犯したものは地獄へ送られてしまいます。

こちらの閻魔様は、延宝8年(1680年)には自性院という寺に祀られていましたが、縁あって海元寺に移転されてきたのだそうです。
真っ赤な憤怒のお顔で、じっくりと人間の悪事を見定めておられます💦

閻魔堂と隣接して、観音堂があります。
観音堂には西国三十三所観世音菩薩がお祀りされています。


観音様にもしっかりご挨拶です。

お堂の入り口では、おみくじが引けます。


そのおみくじがなんと、ガチャガチャ形式になっているのです!


閻魔様フィギュア(?)が色違いで入っているようです。


さっそく引いてみます。


出てきました!


ひっくりかえしたらおみくじが入っています

大吉いただきました!


背中には「海元寺」の文字。
丸い猫背がちょっと可愛い閻魔様。縁起物なので自宅に持ち帰りました。

海元寺では8月16日と1月16日の年2回、えんま祭りがおこなわれているそうです。
地獄の釜が開く日、つまり地獄もお休みの日として、私達も地獄の様子を見させてもらえる日なのだそうです。
三途の川で待ち受ける「奪衣婆」に、自分の病気の悪を取ってもらう、悪事を軽減してもらうという意味合いで
灰汁(あく)で固めて作る「こんにゃく」をお供えするそうです。

御朱印もいただきましたよ、迫力あります!

海元寺
住所:〒812-0035 福岡県福岡市博多区中呉服町10−5

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-10-17

    味も雰囲気もワインも最高!アルベロでディナー(福岡市中央区)

    今回で訪問3回目。 とってもお気に入りのトラットリアをご紹介します! 夜しか営業していな…
  2. 2018-5-7

    「博多んぽん酢」で料理を作ってみた

    実は30年を超えるロングセラー 「博多んぽん酢」ってご存知でしょうか。 商品名どおり、博多で生ま…
  3. 2018-4-21

    宮地嶽神社の参道

    全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮。 日本一大きいと称される注連縄と、神社から伸びた参道の延長線上に…
  4. 2018-4-17

    大地のうどん筑紫野店

    北九州の「津田屋官兵衛」を発祥とする「豊前裏打会」の加盟店 「大地のうどん」が筑紫野にもやって…
ページ上部へ戻る