松尾食堂(久留米市)

まず外観を見て「渋い!」と思わず声を上げてしまったこちら。
創業は昭和6年、久留米大空襲で一度は消失したそうですが
後に建て直されてからは、現在までずっと当時の姿のまま営業している丼物の食堂。


土間風な床といい、やかんといいノスタルジック・・・


すりガラスと、このクリクリ回す鍵がまた懐かしい。


メニューはこんな感じ




親子丼!この卵のシズル感いいでしょ!
だし汁の味が濃くて汁もつゆだくで、ボリュームも有りました。


こちらが肉丼。細切れの牛肉が甘辛~く煮込まれて、こちらも濃い味。


卵を崩してぐりぐりっと。美味しくないわけがありませんよね^^;

戦前戦後は卵や牛肉は間違いなく贅沢品でしたよね。
今でいう丼ものとは違う感覚で当時は食べられてたんじゃないかと思いを馳せることしばし。
お客さんもチャリでやってきてチャリで帰るような何年来も常連のような地元の方ばかり。
愛されて60余年、いい意味で時間が止まってました。

松尾食堂
住所:久留米市日吉町5-9

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-5-7

    「博多んぽん酢」で料理を作ってみた

    実は30年を超えるロングセラー 「博多んぽん酢」ってご存知でしょうか。 商品名どおり、博多で生ま…
  2. 2018-4-21

    宮地嶽神社の参道

    全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮。 日本一大きいと称される注連縄と、神社から伸びた参道の延長線上に…
  3. 2018-4-17

    大地のうどん筑紫野店

    北九州の「津田屋官兵衛」を発祥とする「豊前裏打会」の加盟店 「大地のうどん」が筑紫野にもやって…
ページ上部へ戻る